松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二本松の桜見物

4月19日(日)、予定していたゴルフが急に中止になったので、福島県二本松市に桜見物に行ってきた。

メインはこちら、【合戦場のしだれ桜】
合戦場のしだれ桜1

今まで写真で見てきて、そんなに大きくは思えなかったのだが、遠くからみるとそびえ立っていてすごい存在感だった。
合戦場のしだれ桜2
下ではトランペット奏者が生演奏をしていた。
福山雅治の「桜坂」と石川さゆりの「夜桜お七」であった。

この桜はまだ150年と樹齢が若く旺盛だ。
しかし実は2本の桜で、裏から見るとこんな感じだ。

合戦場のしだれ桜3

そこから1.4㎞離れたところにある【福田寺の糸桜】
福田寺の糸桜

その先300mの所には道の駅があり、そこに車を留めて散歩コースにする人が多いようで
満車で入れなかった。

こちらは【中島の地蔵桜】
中島の地蔵桜1
やはり150年位の若い桜である。枝振りがよい。
この反対側から見ると山を背景にして絶好の写真スポットになる。

次は【東和祭田の桜】
東和祭田の桜
樹齢800年。幹の太さが凄い。
残念ながら枝があちこち折れている。

そして【愛蔵寺の護摩桜】
愛蔵寺の護摩桜
お寺の隣にあり、甲府の慈雲寺のイトザクラとシチュエーションが似ている。
こちらも樹齢800年とのこと。

そして、田舎道を走っていたら、やけに格好いい一本桜を見つけたので行ってみた。
怨念の桜
隣に碑が建っていて、昭和17年に22歳で戦死した息子を思って植えた桜だそうだ。
枝の絡み合いがすごい。
わたしは【怨念の桜】と名付けた。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。