松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向島花見の会

4月6日(土)は恒例の向島花見の会。

しかし桜はすでに散っていることに加えてこの日は爆弾低気圧の予報。

電車が止まるかも知れないと参加を見合わせた人もいた。

と言うことで予定されていた花見は中止してすぐに宴会となった。

向島勉強会

ここで為替相場についての見通しを聞かれたのでミニスピーチを行った。

思い出しながら下記にその概要を



私の専門は「金」でありまして「為替」ではありません。

しかしながら関連がないわけではありませんので、知っている限りのことをお話致します。

ご存じの通り一昨日(4月4日)黒田新総裁の政策発表でドルが急騰致しました。

1日で4円上下するというのは3回しかなく、

前回は2月25日のイタリア総選挙無効によるもの

その前は菅内閣の頃、2011年10月の日銀による円安誘導です。

どちらのケースもその後反動が起こっています。

相場には上下の波動と左右の波動があり、左右の波動は比較的はっきりしています。

現在は下げ波動で本来ならドル相場は下げるはずの時期にあります。

多くの場合はその波動の通りにいっているのですが、過去に1995年に

理由は忘れましたが、今回の様に流れを人為的に無視したことがあり

その時は次のピークまで下げることなく連続しました。

しかし多くの場合は流れの通りに調整されました。

今、アベノミクスと言われていますが、

たまたま安倍さんが自民党の総裁になったときに上げのタイミングが始まっており

大変運の良いことだと思います。このまま続くとは考えられません。

なぜドルが上がったかを考えると、上がると思ってドルを買ったファンド等がいるわけで

必ずどこかで手じまいして利益を確定しなければなりません。

本来なら今がその時期なのですが、黒田新総裁の豪腕により流れが逆流しました。

さてこれからどうなるかですが、まさに来週の動きに掛かっていると思われます。

もし来週も上がり続けるなら1995年型に近い動きになるでしょう。

来週反落するなら、相場の流れの通りに8月頃まで下げになるでしょう。

来週の動きに目が離せません。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。