松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きまじめの弊害

今月から金曜日は御徒町支店に行くことにしたので

毎週金曜日に銀座の交詢社で行われている午餐会に出やすくなった。

5日久しぶりに言ってみた。

会を始める前に、新入会員の紹介があるのだが

何と、よく存じ上げている亀有信用金庫の矢沢理事長が新入会員として紹介された。

葛飾の人と交詢社でお会いするのは初めてである。



さて、本日の講師は、中山恭子さん(元拉致問題担当相)だった。

話はやはり拉致問題が中心となった。

あの時に思ったのは、こんな優しそうな人が国家を代表して渡り合えるのか

ということだったが、その前はウズベキスタン大使などの職にあり

人は見かけによらないもの、と言ったら失礼だが、凄腕なのだろう。



拉致被害者5名が帰国した時、すごく記憶に残る出来事があった。

一時的に帰国して、すぐに北朝鮮に戻す約束だったのが、

(たぶん中山さんの決断で)北朝鮮には戻さない事にしてしまった。

私はきまじめなので、「そんな、約束を破っちゃまずいだろう」と思ったのだが

今から思うとあれは英断であった。

別の例で言うと

誘拐犯にさらわれた時

「絶対誰にも言わないから」と約束して帰してもらい

無事に戻ったら、すぐに警察に通報する

というのと同じことなのだろう。



あまりきまじめ過ぎるのもいけないのだなぁ、

とあの時すごく勉強になったのだった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。