松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南信州の桜

4月15日(日)は南信州の桜を見に行った。

今年は桜の咲くのが遅く、その日高遠ではまだ咲いていなかったが

少し南に行った飯田市では桜の巨木群が満開であった。

まず、樹齢450年と言われる安富桜

yasutomi2

この桜の凄い所は、これだけ高齢でありながら添え木が1本もないこと。

yasutomi1

幹もこんなに太く、元気そのものである。


続いて行ったのが、舞台桜(樹齢350年)

butai

すごく綺麗な桜である。

日本に1本しかない半八重桜とのことだ。



そしてこちらは、舞台桜のすぐ近くにある石塚桜(樹齢250年)

ishizuka2

石塚古墳の上にそびえているのでこの名がある。

実はこの2本の桜、最近まで名前がなかった。

平成17年に地元の新聞社の呼びかけで名前が公募されたそうな。

これだけの巨木が名前もなしに、当たり前に咲いていたというわけだ。

飯田市は桜の名木の宝庫であった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。