松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラジウムの行方


パラジウムの最大の生産国はロシアである。

そして主にニッケルの副産物として産出される。

そのニッケル生産者であるノリリスク社が今年(1-9月)の生産実績を発表したが、

パラジウムは前年比5.1%減とのことだった。

それに加えて、

ロシア政府はパラジウムの備蓄を今後2年間で放出することを決めていて

2013年には国家在庫はゼロになるとのこと。

思い出されるのが何年か前のパラジウム高騰で、

このときはプラチナよりも高くなった。

その原因は生産者やロシアの出し惜しみであったのだが

今回はもっと深刻で、本当に現物がなくなる恐れがある。

再びパラジウムがプラチナよりも高くなる日も近いかもしれない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。