FC2ブログ

松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大地震講演

本日は
美人すぎる地震学者と言われる東京大学の大木聖子博士の講演を聞きに行った。

大木聖子

1995年に発生した阪神淡路大震災の時に高校1年だったそうだから31歳か?

これだけ地震報道がされていたのに、今までテレビで見たことがない映像が多数あった。

一番興味があるのは、関東大震災は起こるのか、ということだが

今回のようなプレート型地震が30年以内に起こる確率は、

東海地震87%、東南海地震65%、南海地震60%に対して、関東は1%

しかしそれで安心してはいけなくて、阪神のような直下型の確率はかなり高いとか。

今回の地震の余震の最大の物はまだM7.7だが、

4年位の間にM8が起こる可能性もあるそうだ。


以前から東京の地震は69年周期で起こると言われていた。

しかし博士の話によると200年周期だから

関東大震災からまだ88年なので確率は1%と低いのだとのこと。

しかし当社の創業年である1855年には安政の大地震が江戸を襲い

関東大震災との間隔が68年なので、69年周期説が出来たと思われる。

なのになぜ200年なのかというと

実は安政の大地震は前年起こったプレート型巨大地震である東海地震(M8.4)の余震なのだ。

だからその時と同様に余震が東京を襲う事態もありうる。



その他今までわからなかった貴重な情報を知ることが出来た。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。