松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城崎温泉「古まん」へ


以前書いたように、創業1300年を超える温泉旅館が日本に三軒ある。

今年の目標として、その三軒とも行ってみようと考えた。

2月には粟津温泉「法師」を訪問

そして今回は、城崎温泉「古まん」を訪問することが出来た。

genzai

残念ながら現在の建物はビルになっていて昔を彷彿とさせる物はない。

しかし廊下に昔の写真があったのでコピーさせてもらった。

showa

昭和初期に但馬大震災というのがあったようで、その直後に再建された物

上の写真とほぼ同じ角度だと思う。

taisho

こちらは大震災前の大正時代。左手の路地を入った所の様子だ。

正面に見えるのがまんだら湯という共同浴場。

「古まん」という名前は「古まんだらや」から来ているのだと初めて知った。

城崎温泉は外湯巡りで有名。このまんだら湯は現在

mandara

こんな感じ。町には浴衣姿の人が行き交う。

外湯は7つあり、全部制覇するのはなかなか大変。しかし全部制覇した。

meiji

これは明治16年の図。中央の三角形の部分が「古まん」の場所、一番手前がまんだら湯だ。



建物自体には1300年の歴史を感じさせる物は残っていなかったが

社員教育は見事であると感じさせるし、

料理も新興旅館のようにやたらと多すぎることがなく、味もすばらしかった。



私が、微妙な所で旅館の質の高さを感じるのは

実は浴衣の帯。

安ホテルだと短すぎて2周巻くと結べなくなったりする。

ここのはたっぷり長かった。




色んな所でさすがに伝統を感じさせる旅館であった。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。