松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベノミクス

最近相次いで「アベノミクス」と題する講演を聞いた。

1つ目は伊藤元重氏。顔を見たらテレビによく出てくる人だった。

2つ目は永浜利広氏。第一生命の主席エコノミストだそうだ。

両方をまぜこぜで話すと

この政策自体は3年半前にアメリカがやったことであり遅すぎる位だが

抵抗勢力がなくなってようやく出来るようになった、ということだろう。

今は7月の選挙に目がいっているが、実はもう一つ

4-6月の経済成長を上げておかなければならない問題がある。

その結果がお盆の頃に発表されるわけで、その数字を見て9月に

消費税を上げるかどうかを決めるのだそうだ。



この10年で会社も個人も金を使わず金融資産を増やした。

上場企業の42%は無借金である。

預金は余っているが貸すところがないのが現状である。

にもかかわらず会社にやってくる末端の銀行員は「預金を預金を」と獲得を目指す。

銀行の実態と意識がずれている。

今の大学生は生まれてからデフレしか見ていない。

国債が暴落すると銀行は大変だが、どこかでどかんと来ない方がおかしい。

国債は政府の借金の穴埋めに使われる物。

国債を買うのではなく投資に回さなければならない。

原発事故以来火力発電が復活したが、50年前のスバル360を無理矢理動かしているような物。

投資機会はこれからたくさん出てくるはずだ。

現に三井不動産は日本橋のビルで発電して売電している。

これは森ビルがアークヒルズでやろうとしても法律に阻まれて出来なかったことだ。

時代は変わっている。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。