松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上2番目の大暴落


金相場が大暴落

東京工業品取引所の数字で見ると、15日が409円、16日が最大460円

2日合計で869円、最近5日間では946円の下落で

これは昨年9月7日から26日に掛けて903円下がったのを超える暴落で

あの昭和55年1月のハント兄弟による相場つり上げが破綻した時以来

史上2番目の下げ幅だそうだ。

33年ぶりの出来事だそうである。

発端は金曜日、メリルリンチが124トンもの金を売ったことに始まるようで

全体では400トンにもなったとのこと。

金の年間生産量が2,380トンだからその1/6が数時間で売り浴びせられた。

QE3が終わって引き締めになるだろうという思惑と

株高だと金は不要、という心理からのようである。



いやはや、人騒がせである。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。