松村金銀店 松村社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲生(かもう)の大楠

さて、鹿児島でもうひとつ見に行った日本一の物とは

平成元年の環境庁の調査で日本一の巨木と認定された「蒲生の大楠」である。

「がもう」ではなく「かもう」と濁らない。

kamou1a.jpg

環境庁の調査では、地上1.5mの高さの幹周を測定し、そのランキングを決めた。

蒲生の大楠は24mで堂々の第一位となった。

しかしその測定方法では、こういう末広がりの木では有利になりやすい。

楠の特別天然記念物はこの木を含めて2本しかないが

もう一本はほとんど同じ名前の「加茂の大楠」。徳島県にある。

加茂の大楠は幹周14mでランキングでは49位になるのだが

同じ縮尺で比べてみると

kamo1a.jpg

という感じであまり変わらない。

蒲生の大楠は高さ30m、加茂の大楠は26mだそうであるから、それから計算して

全体像を同じ(と思われる)縮尺で比べると、蒲生の大楠は

kamou2.jpg

一方加茂の大楠は

kamo2.jpg

であり、見た瞬間の存在感は加茂の大楠の方が勝ると思う。

ともあれ

この2本の巨木が他の巨木と違うところは

いずれも樹勢旺盛で、加茂の大楠はいまだに年間8ミリも大きくなっているのだそうだ。

蒲生の大楠の根元には穴が開いており、その広さは八畳間ほどもあるとのことであった。

これからも大事にしたい日本の宝である。

スポンサーサイト

曽木の滝

今年の寅さん映画ロケ地訪問は熊本だったが、

その前日に鹿児島まで足を伸ばした。

2つの日本一を見ることが目的だったが、その一つはこちら

曽木の滝

曽木の滝2

幅210mは断トツの日本一。(2位は130mの富士の白糸の滝である)。

カメラに全部収まらないのでつなぎ合わせると

曽木の滝1

「東洋のナイヤガラ」と看板が出ていたが

ナイヤガラというよりはイグアスという感じだ。

こんなすごい滝が日本にあったとは、驚きである。

滝の上に橋があるが、そこから反対側を見ると

曽木の滝4

おだやかな流れだ。それが橋を通過すると

曽木の滝3

いっぺんに景色を変える。

中央部分はまさにイグアスの滝の悪魔ののど笛だ。



ところでこの滝、何と日本の滝百選に選ばれていない。その理由は

滝の上に橋がありそれが景観をそぐ、という理由だそうで、

実は始めて写真を見たときに私もそう思った。

そこで、上の写真に有るように下流に新しい橋を造って元の橋は取り壊し予定だそうで

その成果が実ったのか、平成百景では富士山や東京タワーなどに次いで24位にランクされている。

古い橋は2012年度に解体予定だそうだが、まだ解体されていなかった。

組合研修旅行 その3

続いて向かったのは、紅葉の名所と言われる松川温泉。

途中、岩手山にもっとちかづいて写真を撮ることが出来た。

iwatesan4

松川温泉に近づくと地面が一面茶色で、スリップしそうなスリルが。

これは紅葉の散った後なのだろう。残念ながらここの紅葉は終わってしまっていた。

松川温泉も3軒の宿が点在。

その中で、峡雲荘という宿で日帰り温泉に入った。

matsukawaonsen

この露天風呂は混浴で、私が入った時には若いカップルが入っていた。

その隣には何と地熱発電所。

chinetsuhatsuden

いかに威力のある温泉なのかがわかる。

かえり、先ほどと同じスポットで見る岩手山

iwatesan5

もう雲に隠れてしまっていた。

今回は、すごく良いタイミングで山を見てきた。



最後は小岩井農場に足を伸ばし

有名な一本桜の位置を確認。

ipponsakura

今度は桜の咲いている時に来なくては。

組合研修旅行 その2

私はこれまで何度かこの地方を通過したことがあるが

今まで一度も岩手山をまともに見たことがない。

いつも雲の中であった。

さて今日はどうだろうかと思ったら

盛岡市に向かう途中のバスの車窓からくっきりとその姿を見ることができた。

iwatesan1

天気が良さそうなので、岩手山と市街が一望できる岩山展望台にむかった。

その時は少し雲がかかっていたが、すばらしい景色であった。

iwatesan2

だが、ここで思いがけなかったのは、紅葉がすごく綺麗だったこと。

kouyou1

kouyou2

すばらしかった。

今日の行程はまだ始まったばかりなのだが、

なんかもうこれで十分という気になってしまった。

組合研修旅行 その1

組合の研修旅行。今年は東北のタニタの工場を見学。

我々は遅れて乳頭温泉で合流した。

乳頭温泉郷は山奥にこの様な一軒宿が点在している。

乳頭温泉郷

我々が泊まったのはこの旅館ではなく休暇村という大きな施設だった。

硫黄泉のにごり湯で、温泉らしい温泉だった。

このお湯の色から乳頭温泉と名が付いたと思われがちだが

実はこの裏の山が乳頭山という山で、そこからつけられた。



翌日は田沢湖へ。

たまたまその日の朝のNHKのニュースでやっていたが

いま、田沢湖の紅葉が最盛期なのだそうだ。

遊覧船で湖内を一周。すばらしい紅葉だった。

田沢湖



そして盛岡に出て地元の前沢牛の昼食。

そして地元名産の南部鉄瓶の鋳造工場を見学した。

南部鉄瓶



そして我々は本隊と分かれて、つなぎ温泉にもう一泊した。

ここは盛岡市にほど近く、湖沿いのかなり開けた温泉であった。


                             (つづく)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。